コラム

巻き爪の応急処置

巻き爪は症状が悪化すると日常生活にまで支障をきたしてしまいますので、巻き爪専門院で施術を受けたり、病院巻き爪治療をするなど早めの対処が大切です。しかし、すぐに巻き爪専門院や病院へ行けないという方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、巻き爪になった時の対処法をいくつかご紹介いたしますので、巻き爪専門院や病院など巻き爪治療の専門家にみせる前の応急処置として対処法を知りたいという方は、ぜひご参考ください。

テーピングで固定

初期の段階であれば、テーピングで固定することで痛みを軽減することができます。テーピングは伸縮性のあるタイプを使用することをおすすめします。

まずは、約6センチの長さにカットしたテーピングを用意してください。次に、痛みのある爪の横ギリギリのところにカットしたテーピングを貼りつけましょう。そして、皮膚と爪の間隔を広げることを意識しながら、テーピングで皮膚を下に押し下げるように引っ張り、指を一周させるように貼りつけたら終了です。

コツとしては、最後まで力を緩めずにテーピングを貼りつけることです。また、痛みのある爪と皮膚の間にテーピングを挟み込む方法もあります。テーピングを使う際には、粘着力をなくさないためにも、皮膚をしっかりと乾燥させましょう。薬などは塗らずに、汗をかいていた場合はしっかりと拭き取ることが大切です。

やすりをかける

やすりをかける

湾曲している巻き爪の場合は、やすりをかけることも1つの方法です。爪が皮膚に食い込むことによって痛みを感じるため、少しでも痛みを軽減するために爪を切ってしまう方も少なくありません。

爪を切ることで痛みを軽減することはできますが、かえって巻き爪が悪化して巻き爪治療が難しくなってしまう恐れがあります。そのため、爪を切るのではなく、巻き爪になっている表面にやすりをかけて爪を薄く削っていきましょう。

その際に注意していただきたいのが、爪の先端部分を削ってしまうことです。先端部分を削ると爪が皮膚に食い込む原因となりますので、巻き爪になっている外側の表面を削るようにやすりをかけるのがポイントです。

クリームなどで保湿

クリームなどで保湿

巻き爪は乾燥することで症状が悪化することもあるとされています。

肌を乾燥させないために、毎日ボディークリームやオイルなどを塗って保湿ケアをしている方もいらっしゃると思います。その際には、爪も乾燥しないように、ボディークリームなどを塗りこんで保湿してあげましょう。

上記で紹介した方法以外にも、ジャストサイズの靴を履く、巻き爪の矯正器具を活用するといった治し方があります。軽度の場合は痛くないからといって放置をする方もいらっしゃると思いますが、放置することで早期改善できるものもできなくなってしまいます。巻き爪を改善するためには適切な治療・ケアを行うことが大切なので、爪が痛いと感じた時には自己判断で放置することは避けましょう。

当院では、ペディグラステクノロジーという技術を用いて巻き爪・陥入爪の補正を行っています。見た目の美しさに気を配りながら、痛みを伴わないよう、ペディグラス社の「巻き爪補正士」認定技術者が施術を行っています。しっかりとカウンセリングを行い、お客様の悩みや希望をお聞きした上で対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

巻き爪・陥入爪補正の他、タコ・魚の目ケア、爪切りといったサービスも提供しております。稲毛店・船橋店とございますので、ぜひお近くの店舗をご利用ください。

お気軽にお問い合せ下さい TEL 043-206-6632(稲毛店) TEL 047-411-3033(船橋店)

PAGETOP
Copyright © 巻き爪ケア ヨネクラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.