コラム

子どもの巻き爪

「指と爪が痛い…」つらい巻き爪に悩まされるのは大人だけでなく、まだ幼い子どもにも起こります。巻き爪とは無関係そうな子どもがなぜ、巻き爪になってしまうのでしょうか。巻き爪はひどい場合、炎症を起こしたり膿が出てきたりすることもあります。もし、異常が見られた時は、病院治療を受ける、専門院に相談するなど早めに対処することが大切です。

赤ちゃんも巻き爪に!

赤ちゃんも巻き爪に!

赤ちゃんの爪は大人と比べて厚みもなく、とても柔らかいため「変形しやすい」という特徴を持っています。そのため、反り返ってしまったり、巻いてしまったりしてしまうのです。間違った爪の切り方をしていたり、足に合っていない靴を履かせていたり、巻き爪は日頃の習慣が原因である場合がほとんどです。

ところが、爪の切り方や靴に気をつけていたはずなのに、治らないということもあります。「治し方が悪いのか?」と考えてしまうかもしれませんが、その場合は遺伝の可能性が考えられます。巻き爪になりやすい「爪の性質」が遺伝することによって、巻き爪になってしまうのです。ご両親のどちらかに巻き爪の方がいらっしゃれば、お子さんの爪に異常がないか注意して見るようにしてください。

爪が切りにくい場合は?

爪が切りにくい場合は?

切りすぎて深爪にしないよう、お子さんに怪我をさせないよう、親御さんは気をつけてお子さんの爪切りを行っていると思いますが、思うように切れずに歯がゆい思いをされた経験はありませんか?

子どもの爪は薄いため、爪やすりで削るほうが簡単に整えられます。爪やすりであれば、怪我をさせてしまう心配もありません。ただし、切る時同様、深爪や爪の形には気をつけるようにしましょう。

私たちの想像以上に巻き爪は、幼い子どもにも起こる可能性が十分にあるのです。言葉が話せるようになれば、どこが痛いのかをきちんと伝えられますが、言葉の話せない赤ちゃんや子どもは親御さんが気づいてあげるしかありません。そのため、親御さんはお子さんの爪もしっかりとチェックしてあげてください。

千葉で巻き爪の相談をするなら当院へお越しください。巻き爪矯正を行うスタッフ全員がペディグラス社認定「足爪補正士」の資格を取得していますので、安心してお任せいただけます。当院は千葉県内に稲毛店・船橋店の2店舗構えておりますので、お近くの店舗をご利用ください。

お気軽にお問い合せ下さい TEL 043-206-6632(稲毛店) TEL 047-411-3033(船橋店)

PAGETOP
Copyright © 巻き爪ケア ヨネクラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.