巻き爪・陥入爪とは

  • HOME »
  • 巻き爪・陥入爪とは
巻き爪とは

巻き爪は爪が強く内側に弯曲し、爪下の皮膚を巻き込むように変形した状態です。(いろいろな形があります)。
巻き爪とは

陥入爪は爪の弯曲は少ないが爪を取り巻く皮膚が主に外力により盛り上がって爪を圧迫し、爪の角が皮膚に刺さり炎症や痛みを起こします。
陥入爪とは

巻き爪発生の原因

  • 1.爪の形状の遺伝的なもの
  • 2.大きさや形の合わない靴による爪圧迫や衝撃
  • 3.爪の切り過ぎや伸ばし過ぎ
  • 4.スポーツによる衝撃
  • 5.急激な体重の増加
  • 6.悪路での長時間歩行
  • 7.爪水虫・その他爪や皮膚の病気
  • 8.爪の厚さや硬さ

巻き爪・陥入爪 痛みの原因

  • 1.爪の圧迫
  • 2.靴やストッキングによるさらなる圧迫
  • 3.爪を切ったときにトゲ状になり、それが刺さる
  • 4.爪の中の異物や汚れ

お問合せ 稲毛店

お問合せ 船橋店

ご予約・お問合せ電話

お電話はこちらをタップ

TEL 043-206-6632(稲毛店) TEL 047-411-3033(船橋店)

PAGETOP
Copyright © 巻き爪ケア ヨネクラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.