こんにちは!千葉県千葉市稲毛区にある巻き爪ケア ヨネクラ稲毛店の店長です。

すっかり秋めいて朝晩冷え込んできましたね。お天気になるとポカポカ陽気で過ごしやすい日があったり、小雨が降ったり曇りがちな日は気温が一気に下がったりと寒暖差が激しいです。

お体には十分気を付けて下さい。

紅葉の季節になりました。寒くなる前に、お天気の良い日少し遠出をして自然の美しさに癒されたいですね。

 

 

【爪の専門老舗店】

巻き爪ケア ヨネクラ稲毛店は今年の8月でなんと10周年を迎えました。ならびに巻き爪ケアヨネクラ船橋店は3周年を迎えました。この仕事を始めて爪のことでお困りの方が沢山いるという事を知りました。

爪を専門でケアをしてくれるところが近くになかなか見つからない。。。病院は怖い。。。どこに行けば良いかわからなかった。。。と遠方からお越しいただいているお客様もいらっしゃいます。当院は千葉県千葉市稲毛区にありますが千葉県では房総方面の鴨川市や館山市、他県は茨城県からのお客様もいらしていただいております。片道2時間ほどかかるそうです。遠くから当店を見つけてきてくださり、毎月真面目にご来院くださり本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

 

10周年を迎え、巻き爪ケア ヨネクラ稲毛店 船橋店は更にパワーアップできるよう爪の知識や技術向上、お店の環境作りなど日々精進していきたいと思っております!

皆様のお声は私たちの未来につながりますので気になることや改善したほうが良いと思われることなどございましたら、ぜひ教えていただけると嬉しいです。スタッフ一同皆様の爪に向き合っていきますのでよろしくお願いいたします。

 

 

【巻き爪で炎症?】

今回は10周年ということで私が過去巻き爪で苦しんだ時のお話をさせていただきます。私が初々しい高校生の時のことです。校則が靴はローファー、冬は黒のストッキングと決められていました。毎日真面目に校則を守っていたある日、右の足の親指が痛いと思い指を見てみると赤く腫れていました。ぶつけたり、傷つけた覚えがないのに何だろうと思い絆創膏を貼り様子を見ていました。その後満員電車で足を踏まれた日からは出血が止まらなくはなり爪の上に豆のような皮膚ができて痛みが増したので、いよいよ観念して皮膚科に行くことにしました。先生に受診していただくと。。。

「巻き爪だねえ。」「悪化して肉芽(外傷や炎症により欠損を生じた部分にできてくる。赤く柔らかい粒状の結合組織)になってるねえ。」「麻酔して肉芽と爪を切ろうね(手術)」と。皮膚に問題があるわけではなく爪が皮膚に食い込み炎症を起こしていたのだとその時初めて知ったわけです。諸事情により(詳しく知りたい方は直接高橋までお問い合わせください)

手術が延期になりその間毎日手術に怯え消毒をしていたら、たまたま運よく皮膚の炎症が治まり手術は免れたのです(消毒だけで良くなる保障はありませんので必ず早めのケアをおすすめします)

 

【巻き爪に悩まされた原因】

おそらくサイズの合っていないローファーと締め付けられるストッキングのせいだったのではないかと考えられます。普段の履物の見直しは大事ですね

 

【ペディグラステクノロジー】

その時に当院のケア方法ペディグラステクノロジーを知っていたらなあ。。。と思う時があります。今はインターネットで自分に合ったケア方法を調べることができますので

気になるなあと思った時に早目に情報収集をして対処することが大事だと思います。ペディグラステクノロジーは痛みなくきれいに巻き爪がケアできます。ホームページに詳細がありますのでぜひご覧ください

 

巻き爪ケア ヨネクラ 稲毛店 船橋店では

私が苦しんだ 巻き爪ケアの他に 陥入爪 肥厚爪 割れ爪 欠け爪 爪切り タコ 魚の目 かかとの角質ケア も行っております。気になるメニューがございましたらお問い合わせください。

 

皆様に痛みのない生活を。。。