歩き方のクセは、足裏から改善ができます!!
足の裏をリセットして、怪我や転倒を防ぎましょう!!!

巻き爪ケア ヨネクラ稲毛店のHです。

今回は、足のアーチの大切さについてお話しします。

足底は、体を押し上げて歩く力を地面に伝えたり、受け取ったりする力学的な作用、反作用の境界面としての役割だけではなく、地面からの情報を受け取っています。
例えば
・柔らかい
・硬い
・滑る
・デコボコしている
・冷たい
・斜め
などを感じる感覚受容器の役割をもっています。
地面の、情報は靴からはいるので、靴選びもとても重要です。

靴底が、厚いものだと歩きづらいですし、情報も伝わりにくいので注意してください。
1番のお勧めはやはり、スニーカーです。

足底も三点支持がとても大切です!

歩行の基本である三点支持、三点確保と同じように、足底にも姿勢を安定させるための三点があります。
その三点とは、拇指球 親指の根本、
小指球 小指の根本、かかとです。
足底の三点支持と、アーチの構造が歩行時の衝撃や吸収、バランスを担っています。

間違ったフォームなどでこの三点アーチに偏った負荷がかかってしまうと、体の軸、姿勢、巻き爪にも影響が出てきまい。股関節、膝、腰などの関節炎を起こす場合もあるようです。
正しく足底の三点支持がらできているかどうかは、足指の変形や、角質硬化、タコ、魚の目、巻き爪などさら推測できます。

大切なポイント

・靴を自分に合ったサイズにすること
・歩き方のフォームを改善し、内側縦アーチに少しだけ重心をかけるように意識する
・毎日の入浴時に指の根本をマッサージすること
・保湿
・5本指ソックス
これらを行うと少し改善がみられます。

入浴後の保湿&マッサージで足底の感覚を研ぎ澄ます!!

足底はバランスを、とったり地面の情報えたりするセンサーで、あるメカノレセプター
感覚受容器が多く存在しています。足底の角質化やたこ、魚の目などがあると、このセンサーの動きが鈍り情報を正しく得ることができないため、転倒リスクが高まります。
角質化を予防するには、サイズのあった靴や足底に負担をかけないフォームが重要ですが、毎日の保湿ケアも大切です。
入浴後に保湿のオイルやクリームを塗りながら、指をかるく引っ張ったり、指の付け根をもみほぐしたりしましょう。
マッサージをするときは手足の指組みをしてみましょう。付け根まで深く組みながら、気持ちいいところまで足の指そらしたりします。
また、お子様の靴はサイズアウトがはやいため、きちんと定期的に見直しててあげてくだはい。少しでも違和感があったら巻き爪ケアヨネクラまでご相談ください。
お気軽にご連絡おまちしております!

足のケアは今後の健康寿命につながります!!