こんにちは!千葉県千葉市稲毛区にある巻き爪ケア ヨネクラ稲毛店の店長です。

最近、巻き爪ケアヨネクラ稲毛店には、新規のお客様で高校生の女の子が多くご来店くださっています。
毎日のように予約が入り、なぜだろうと考えてみました。

恐らくなのですが、新型肺炎コロナウィルスにより昨年緊急事態宣言が発令され登校ができなかった学生さん達が、2020年5月に緊急事態宣言が解除され、やっと登校ができるようになり、
学生靴、ローファーを履いて歩くようになったことで巻き爪の痛みが今頃でたのではないかなと思いました。

【なぜ学生靴、ローファーで巻き爪になるか】

ほぼ一日中革靴を履くようになり、足の環境が変わることで、巻き爪が誘発されてしまうことがあります。

ローファーなどの革靴は、履けば履くほど足に馴染みます
新品の靴は最初はきついと感じることがあります。
きつい靴を毎日履くと、足は靴に締めつけられるようになり、靴に圧迫され続けます。
そして、指同士も密着することで、隣の指に皮膚が押し上げられ、爪が埋まりやすくなり、圧迫を促進します。
これが原因で、痛みが出たり、爪が巻き始めていきます。
さらに、深爪になっている場合は、余計に爪が食い込みやすくなり、陥入爪になる可能性もあります。

ですが、ゆるい靴で良いという訳ではありません。

【ゆるい靴を履くと】

足と靴の間に隙間ができ、靴の中で指が動きます。そうなるとかえって爪に負担をかけ、巻き爪や陥入爪を誘発してしまう可能性があります。

自分の足のサイズよりも大きい靴を履いて歩くと踏み出すたびに足が前にずれてしまい
その結果、つま先(爪)部分が、靴の内側の先端や上部に当たり、小さな刺激が爪や指に加わり爪への負担になることもあります。

また靴がゆるすぎると、脱げそうになり無意識に足の指で靴底をつかむように、ギュッと力を入れて歩きます。
これは、皮膚を爪に押しつけているのと同じですから、当然圧迫が生まれます。
不必要な力が加わり、歩くたびに爪を食い込ませているようなものです。
深爪をしている場合は、陥入爪にもなりかねません。

ということからゆるい靴は、痛みを避けるのではなく、結果的に爪に負担になってしまうのです。
毎日履く靴なので、購入する際はしっかり試着をして歩かせてもらって自分に合う物を見つけましょう!

【痛くなった爪は。。。】

それでも痛くなるようなら、巻き爪ケアヨネクラ稲毛店 船橋店にご相談ください。
手術ではなく学生さんにも受けられる優しいケアですので安心してご来店くださいね。

【巻き爪ケア ヨネクラの願い】

巻き爪ケア、ヨネクラ稲毛店 船橋店では、足の親指の爪のケアだけではなく、10本の爪が綺麗!を目指しています。綺麗な爪、足は健康にもつながります。皆様の健康作りのお手伝いをさせていただければとスタッフ一同思っております。

巻き爪ケア ヨネクラ 稲毛店 船橋店では 巻き爪ケアの他に 陥入爪 肥厚爪 割れ爪 欠け爪 爪切り タコ 魚の目 かかとの角質ケア も行っております。気になるメニューがございましたらお問い合わせください。
また、皮膚を切ったり、麻酔をしたりなどの怖いことはいたしません。優しいケアになっておりますので、小さなお子様からご高齢の方までお越しいただいております。スタッフもママさん達が多くアットホームな雰囲気の中で施術させていただきますのでお気軽にご来店ください。

皆様に痛みのない生活を。。。

巻き爪ケア ヨネクラは千葉県内に2店舗ございます。
遠方は鴨川市、館山市、長生郡から、、、県外は茨城県からもお越しいただいております。

巻き爪ケア ヨネクラ稲毛店は千葉市稲毛区にあります
JR稲毛駅よりバスにてご来店ください。
お問い合わせ
℡043-206-6632

巻き爪ケア ヨネクラ船橋店は船橋市本町にあります。
JR船橋駅より徒歩にてご来店ください。
お問い合わせ
℡047-411-3033